美術品・骨董品買取専門店のえんやだからこその「信頼」「実績」「査定」「買取価格」まずは、お気軽にお電話ください!!骨董えんやグループ!

古書買取・査定・売却 


版画を高価買取・査定・売却ならえんやグループが対応いたします
版画買取の事なら何でもご相談下さい。
日本全国より無料査定受付中です。まずはメールでお申込み、またはお電話ください。
専門スタッフが対応いたします。

古書説明

古本(ふるほん)は、出版後に一度は消費者の手元に置かれた中古の本の呼称。(雑誌などを含める場合もある)。古書とも言う。新本(新刊本)と対応した言葉。
 
本はその時代の文化の影響を強く記すものであり、歴史的な価値が出るものもある。多くの古本は、所有者が古本屋(古書店)に持ち込み、売却することにより再び市場に流通するが、所有者がフリーマーケットやインターネットオークションで直接消費者に販売する方法も見受けられる。新刊時の販売価格を大幅に下回る価格で買い取られるのが一般的だが、希少本と呼ばれる極端に流通が少なく需要が多い書籍が新刊時の販売価格を上回ることもある。流通に乗った古本は、原則買い取った古本屋で販売される。店頭での販売価格は各古本屋が、需給関係や本のコンディション(日焼け、汚れ、書込み等)から任意に決定するため、まったく同じ古本でも店によって価格が異なることも珍しくない。
 
古本はコンディションが良好な方が価格が高いことが一般的だが、著者のサインが入っていたり、有名人の蔵書印が捺してある場合などは付加価値とみなされ、価格が上乗せされることもある。また、有名書籍であれば、初版の方が高価であることもある。通常、絶版本は価格が高く、新刊販売価格を上回ることもあるが、復刊されると、古本の販売価格が暴落することもある。
 
古本に新刊にはない魅力を感じ取り、古本を専門に蒐集するマニアも存在し、大きな市場を形成している(絶版となってしまい、古本でしか手に入らない書籍も多いため)。大学がある都市では、卒業する学生が使用した教科書を古本屋に売り、新入生が買うという行動がよく見られるため、古本市場が形成され古本屋が集中する傾向がある。東京の神田神保町の古書店街には、百数十軒もの古本屋が散在し、世界最大の古書店街となっている。



キャンペーン情報

このような時には

提携会社・店舗一覧

買取・査定の流れ











 
 
          

出張買取強化地域
遺品整理
女性スタッフ
鑑定士紹介
遠藤大祐
査定士:遠藤大祐
法政二高、法政大学社会学部卒 

ごあいさつ
お電話一本で、お客さまのご希望のお時間に出張させて頂き、高値でお取引き致します。 お引越、相続・遺産整理・遺品整理、ご自宅の建て替え等による荷物の整理・処分の際は是非ご一報下さい。その他何でもご相談ください! また当店では女性スタッフ(着物・ブランド等担当)もお伺いいたします。

広尾店

広尾店
東京都渋谷区広尾3-4-1
シャレール広尾1F

南町田店

南町田店
東京都町田市小川7-6-10 スリフトモール南町田店内




 

出張買取地域

           ・東京都
            ・神奈川県 
            ・千葉県
            ・埼玉県
            ・山梨県
            ・茨城県

美術・骨董買取専門店

お気軽に
お問い合わせ下さい

電話:0120-808-896
FAX: 03-6805-0293